語録menu

(社会学の)題材として扱う方法(「映画の社会学」における) anchor.png

「映画の社会学」における分析方法の一つ。

Page Top

社会学の題材として扱う方法 anchor.png

 この方法では、映画のシーンや作品全体のテーマを利用して、社会学の理論や考え方を説明します。
 中学や高校などの授業(教育現場)で映画編集が用いられる場合のほとんどは、この方法です。たとえば「平和」や「生命」について考えるために、戦争の映画を観たり、人の死をテーマにした作品を見たりします。
 この方法は他の方法と比較すると、より一般的な方法だと言えます。

Page Top

参考文献 anchor.png

宮原浩二郎・荻野昌弘編、2001、『マンガの社会学』世界思想社

大学で教えていただいた教官たちが中心になって書かれたこの本は「マンガ」の部分を「映画」に置き換えるだけで、対象を社会学的に分析することができます。「映画の社会学」の方法はこの本を参考にして考えました。


トップ   凍結解除 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 3487, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2008-10-05 (日) 10:01:54 (JST) (3422d) by bunkei
紹介


このサイトはぶんやが個人的に運営しています。サイト内での内容の責任はすべて私個人にあり、他の団体や個人とはまったく無関係です。何か問題があれば、 bunkei?bunkei.net までご連絡ください。
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project | Design by PAGE DESIGN lab.